関東から長崎空港まで格安航空券で行くには

青空と草原

関東から長崎空港まで格安航空券で行くには

関東方面から長崎に向けて観光やビジネスで行きたいというようなこともありうることです。関東から長崎というと飛行機を使って訪れるというのが一般的でしょう。飛行機で行くとなると約2時間かかりますので、出来ることであれば旅費を節約したいと思うのではないでしょうか。旅費の節約の一つとして格安航空券の利用を検討するのもいいのではないでしょうか。

羽田空港から4社が就航している

長崎空港に向けては羽田空港から4社が就航しています。この4社はJALやANA、ソラシドエア、スカイマークになります。ソラシドエアの場合は全てANAとコードシェアをしていますので、便数で言うとANAの数は多くなっています。スカイマークを利用する場合は神戸空港経由になりますので、他の航空会社に比べて1時間近く余計にかかる点には注意してください。

4社含めて1日におよそ20便が就航していますので、1時間に1本から2本ぐらいの割合で飛んでいることが分かりますので、それなりに利便性が高いです。ここで問題になるのが料金になるわけですが、JALやANAに比べるとスカイマークやソラシドエアのほうが安い傾向にあります。安ければ1万円を切る料金からありますので、このぐらいの料金を狙うといいでしょう。JALやANAを利用する場合でも早く予約をすると1万円に近い料金で購入できたりもします。

LCCを使って福岡空港から長崎に入る

特急電車
以上見てきたように関東から長崎空港に向けてはLCCが就航していませんので、やはり安くても1万円ぐらいはかかるということが言えます。そうであれば、成田空港から福岡空港に向けてジェットスターとピーちのLCC会社が就航していますので、飛行機代が何千円で購入できるのであれば、それで行くということも検討してみるといいでしょう。
また、関西から長崎空港へ行きたいという方へは他ページで解説しています。

福岡から長崎に行くのであれば、高速バスもしくはJRの特急を利用すれば3千円ぐらいではいけますので、飛行機代次第で1万円以下で行くこともできるでしょう。福岡から長崎に行くための高速バスやJRの特急は頻繁に走っていますので、時間に余裕があるということであれば、利用をする価値はあります。

直行便は便利だが、福岡到着も考えてみるのもいい

関東方面から長崎に向けていくということであれば、格安航空券を利用するのが安くて済みます。羽田空港から直行便で長崎空港に行くか、LCCを利用して成田空港から福岡空港に行って、それから長崎に向かうのが得なのかをよく考えてみてください。

  ← 前の記事: