長崎空港をどう利用するのか?

青空と草原

長崎空港をどう利用するのか?

格安航空券を利用して就航都市から長崎空港へと行くということであれば、当然ながら長崎空港を利用するということになるでしょう。長崎空港から長崎市や佐世保市、島原市などへと行く人が多いかもしれません。長崎空港で長崎土産を購入したいという人もいるでしょう。今回は長崎空港を利用する際の交通アクセスやどういう土産が購入できるのかということを中心に長崎空港の利用の仕方について紹介します。

長崎空港はどういうところか?

長崎空港は大村市にありますので、長崎県の主要都市にあたる長崎市や佐世保市からは若干離れているという点に注意する必要があります。空港は大村湾にある日本初の海上空港で、箕島大橋によって大村市の市街地と結ばれています。長崎空港へは鉄道がつながっていませんので、主要な交通アクセスとしてはバスもしくは船です。

空港のフロアは大きく分けて1階が到着ロビー、2階が出発ロビー、3階が展望デッキになります。1階2階ともにレストランやお土産店がありますので、長崎の食べ物などを堪能することもできるのではないでしょうか。展望デッキは無料で入ることができ、飛行機の離発着をのんびりと眺めることができます。

長崎県内各地への交通アクセスは

白いバス
格安航空券を利用して長崎空港に着いたのであれば、やはり交通アクセスの中心となるのはバスではないでしょうか。バス路線は大きく分けて長崎市方面(長崎バス・長崎県営バス)やハウステンボス経由佐世保市方面(西肥バス)、大村ターミナル経由諫早駅前行き(長崎県営バス)、諫早駅前経由島原市方面(島鉄バス)があります。長崎市方面に行くバスで一番早く着く空港リムジンであれば、長崎新地まで35分程度、長崎駅まで43分程度で着きます。

長崎土産の代表的なものは

長崎土産の代表的なものと言えばカステラや角煮まんじゅう、サツマイモを餅の中に混ぜたかんころ餅、焼き菓子の一〇香、九十九島せんぺい、ちゃんぽん、皿うどんなどがありますので、こういう長崎ならではのお土産物をじっくりと見ながら購入するのもいいかもしれません。長崎に来たという証のためにも、ぜひともお土産物を購入して思い出を作るといいのではないでしょうか。

長崎気分を高めてくれる場所

格安航空券で長崎空港に到着したのであれば、空港に入った途端に長崎に来たなあという雰囲気を一番に味わうことになるでしょう。空港から長崎県内各地にバスで行くことができます。帰宅する時には長崎土産を購入してみるといいでしょう。

  ← 前の記事: